2017年3月22日水曜日

団交を開け!

https://drive.google.com/file/d/0B4d9Rtjp0SVBLS1EUnpWN0pGdGM/view?usp=sharing

 働く労働者の皆さんに訴えます。根岸病院分会は昨年11月17日に「A2病棟の再編計画」について団体交渉を申し入れました。この計画は、A2の大部屋1室の6床をつぶして2床の個室(施錠できる部屋)に作り変えるものです。
 病棟で説明会も開催しましたが、なんのためにベッド数を削減してまで作る必要があるのか、全く意味が分からない状況でした。病棟の誰しもが賛成していません。患者さんにとっても、療養生活を送りながら、その横で改築工事が行われるのは、迷惑そのものではないでしょうか。
 許しがたいことに、経営は団交申し入れしてから4カ月が経過しても団交の日時を設定しません。「団交ルールが策定しない限り、団交は開けない」として、団交引き延ばしをはかっています。組合は即座に団交ルール案を提出したにも関わらず、経営は1月に団交ルール案を提出し、以後3回の事務折衝を行いましたが、平行線のままです。組合は事態打開のために8項目の質問状を提出しましたが、「回答はしない」と対応しています。許せません!
 「使用者は正当な理由なしに団交を拒否できない」「団交を申し入れたら応諾義務がある」これは基本中の基本です。経営がやっていることは、「団交ルール」を盾に労働組合活動を制限しようとしているのです。経営の要求する団交ルールとは、団交時間は1時間に限定、団交日時の設定期間も設けない(組合は1カ月以内に設定することを要求)、録音も認めないという不当極まりないものです。
 そもそも団体交渉に制限を設けること自体が間違っています。組合員はもとより、根岸病院で働く労働者なら誰しもが団交に参加できるように門戸を開くべきなのです。
 はっきり言って、昨年からの病棟再編は職場に混乱をもたらしています。入院をどんどん受け入れること、回転率を上げることが自己目的化されています。しかし人員はギリギリで、A2病棟では日勤帯で大部屋、保護室を看護師一人で対応することが常態化しています。
 経営は不当労働行為を止めて、ただちに団交を開催するべきです。労働者の皆さん、組合に加入し闘おう。

ビラへのリンク

2015年9月30日水曜日

経営は逃げるな 団交を開け!!

https://drive.google.com/file/d/0B4d9Rtjp0SVBZVJsUmNLWV9fdlk/view?usp=sharing


 2015年9月29日発行 第4号



経営は逃げるな 団交を開け!!


 全ての労働者の皆さんに訴えます。多摩連帯ユニオン・根岸病院分会は経営に対し、清掃労働者(太平ビルサービス委託)の全員雇い止め解雇について2月、5月と団体交渉申し入れ、3回の事務折衝を行い、7月には組合名称を「多摩連帯ユニオン」と改称して再度の団体交渉を申し入れました。しかし経営は半年以上経過しているにもかかわらず、いまだに団交に応じていません。経営は完全に逃げまわっています。明らかに組合嫌悪であり、団体交渉拒否の不当労働行為であり、断じて許さず、組合は闘います。
 経営は団交要求に対し、「団体交渉は行います」「団交ルールがないまま団体交渉は行いません」と通知書で繰り返しています。経営の固執する「団交ルール」とは、団交を開かないための方便です。8月に斉藤事務長と話し合いを持った際に、徳永分会長から「団体交渉権は労働組合の権利である。ただちに団交を開催すべき」「団交を開かないことで、組合の影響力を低める支配介入である」と追及しました。そして「根岸病院労働組合と同様に、団交を院内で、時間内で行え」と要求しました。斉藤事務長は口頭で「院外で、時間外で多摩連帯ユニオンとは団交を行う」方向と言っています。さらに根岸病院労働組合には事務所も組合掲示板も貸与しているが、多摩連帯ユニオンには貸与しないと明示しています(4月15日付回答)。これが多摩連帯ユニオンに対する経営の「団交ルール」です。労働組合は労働者の自立した独自の団結体です。団体交渉権も、さらにはストライキ権も労働者の権利を守る独自の権利であり、経営が侵害することはできません。団交を開け!

労働者の声に応えて、団交を開催しろ!

 根岸病院分会は、15春闘アンケートで46名の方から協力頂きました。団交が開催されない中で、春闘要求が提出できませんでした。協力頂いた労働者の皆さんに謝罪するとともに、改めて秋闘の要求としてまとめ経営に提出します。以下は具体的要求の一部を紹介します。

【アンケート結果】

5.賃金について
・消費税が上がった分くらい(年単位)2名 昇給2000→4000
・昇給が少なく不満感じる 具体的には4~5000円 基本給が2種あることも不満。

6.夜勤について
・コンスタントに入れて欲しい。収入にばらつきが出るので困る
・夜勤手当少なすぎる。忙しい病棟は3人夜勤が妥当。
・3人夜勤にしてほしい
・忙しい病棟、急性期病棟は人数を増やしてほしい
・夜勤手当については現在の金額になった経緯を知りたい
・手当が安い 特に介護度が多い病棟には追加手当を出してほしい
・手当はもっと欲しい、特に当番日、入院があった日は別途支給があってもいいと思います。3人体制にするなど。
・夜勤手当アップ希望 3名

7.残業について
・サービス残業が多い
・清掃業者分の負担が大きく、その分改善してほしい
・残業の申請をしやすくしてほしい 4名
・15分単位で支払うべき。タイムカードで判断すればよいと思う。申請など必要なし。
・残業申請の出し方に不満あり 師長の許可をもらってから決められた時間は納得いかない。あくまで残業したものについては誰でも師長の許可なく申請できるべき
・残業手当3日以内というのはどうかと思う
・病棟によりかたよっている

8.労働組合への期待、要望について
・住宅手当など各種手当で賃金の底上げをしているのはおかしい。基本給の見直しをしてほしい。
・掃除業者を入れてもらいたい
・補助の人数を増やしてほしい
・働きやすい労働条件になるよう頑張って下さい
・職員の声、要望が一つでも多く叶えられることを期待しています。
・代表としていつもありがとうございます。このように意見を拾って、それを活かしていただけたらうれしいです。

ビラへのリンク

2015年5月1日金曜日

団体交渉要求書

https://drive.google.com/file/d/0B4d9Rtjp0SVBbGpBRm9vN0h0Zjg/view?usp=sharing


2015年5月1日
医療法人社団 根岸病院
理事長 松村 英幸 様
合同労働組合八王子
執行委員長 清水 啓安
合同労働組合八王子 根岸病院分会
分会長 徳永 健生

団体交渉要求書

 合同労働組合八王子は2月4日、2月19日に経営に対して団体交渉要求書を提出しました。しかし未だに団交は開催されていません。斉藤事務長とは、3月3日、3月24日、4月6日と事務折衝を行ってきましたが、日時を設定することを拒み続けています。これは明らかに団交の引き延ばしであり、事実上の団交拒否の不当労働行為です。
 さらに4月15日付で組合に回答書を送付してきました。団交開催に当たり、経営側が条件をつけることなど認められません。組合は以下の点で経営側の不誠実な対応を指摘するとともに、あらためて下記団体交渉に応じることを求めます。
(1)「団交ルールの組合案の提示」について
 社会通念に則ったルールに基づいて団交を行うことは当然です。逆に団交ルールの制定を口実にした団交の引き延ばしは不誠実団交にあたり、明らかな不当労働行為です。
(2)「団交議題の明確化-労働強化を具体的に示せ」について
 団交開催に条件を付けること自体が問題であり、引き延ばしを止め団交の設定を求めます。
(3)「組合事務所・掲示板の貸与」について
(4)院内・時間内で団交を行わない旨の発言について
 (3)(4)に関し、合同労働組合八王子に対しては、医労連・根岸病院労働組合と異なる対応を行っています。これは組合間差別であり、明らかな不当労働行為です。
2015年5月9日までの文書回答を求めます。


1. 議題  
2015年2月19日付団体交渉要求書のとおり
(1) 病棟に配属されている清掃労働者(太平ビルサービス委託)の2月末での契約終了について
(2) 斉藤事務長の度重なる団体交渉要求拒否について
(3) その他

2. 日時 
2015年5月15日まで 9:00-16:50の時間帯

3. 場所 
根岸病院内

以上

要求書へのリンク

二つの組合で、なぜ対応が異なるんだ

https://drive.google.com/file/d/0B4d9Rtjp0SVBQ0hRUi1jMlItQTA/view?usp=sharing


2015年5月1日発行 第3号
二つの組合で、なぜ対応が異なるんだ
団交引き延ばし止めろ

 合同労働組合八王子・根岸病院分会は、2月4日付、19日付で経営に対して、団体交渉要求書を提出しました。2月末で太平ビルサービスとの契約が解除され、病棟配属の清掃労働者が雇い止めされたことに対してです。本来ならば2月中に団交をしなければならない問題です。しかし、経営は今に至っても団交を開催しようとしません。不誠実な対応であり、「団交を受け入れる」と表明しながら、団交開催を引き延ばし続けてきました。

雇い止め・労働強化許さない! 組合の当然の要求に応じろ

 経営側の要請で斉藤事務長との事務折衝を3回にわたり繰り返しました。経営は「団交議題の明確化」「団交ルールの設定」を条件として、組合の要求する団交日時の設定を拒み続けてきました。経営の狙いは団交引き延ばしであり、不当労働行為そのものです。
 さらに斉藤事務長は、「合同労組との団交は院外で時間外で考えている」と発言ありました。医労連・根岸病院労組との団交は院内で時間内で行うが、合同労組八王子とは真逆の対応でのぞむというのです。2つの組合で、なぜ対応が異なるのか、理由を問うと、斉藤事務長は「それが病院の方針だ。それが理由だ」と答えるのみです。正当な理由などないのです。この問題も組合間の差別であり、明確な不当労働行為です。経営が団交開催にあたり、条件を提示し、その条件をのまなければ団交を開催しないなど言語道断です。
 根岸病院分会は、委託の清掃労働者が経営の一片の通知で契約終了=全員雇い止めという攻撃を認めることはできません。いま現在も根岸で働く委託・派遣労働者の雇用・労働条件を、正規と非正規の労働者が団結して作り出していくためにも、労働組合は団交開催を勝ち取る決意です。本日5月1日はメーデーの日であり、「8時間労働制」を労働者が実力で勝ち取った労働者の闘う日です。合同労組八王子は再再度の団交要求書を経営に提出します。経営は団交引き延ばし・不誠実団交を止め、団交に応じることを要求します。共に闘おう!

ビラへのリンク

2015年2月12日木曜日

病棟清掃の委託契約解除に抗議する 2015・2・12

https://drive.google.com/file/d/0B4d9Rtjp0SVBRUp2bXJaamdNRzQ/view?usp=sharing


病棟清掃の委託契約解除に抗議する
委託労働者も根岸で働く同じ労働者だ!
  

根岸病院で働く全ての労働者に訴えます。委託労働者の皆さんに訴えます。

 経営は、突如として2月末で病棟清掃業務で委託している太平ビルサービスとの契約を解除すると通告してきました。これによって病棟清掃で働いている清掃労働者の根岸病院での仕事は奪われます。9人の清掃労働者は全員パートの非正規労働者で、時給は東京都の最低賃金888円で搾取され続けてきました。委託労働者は次の現場が決まっているわけでもなく、経営の一片の通知で職場が奪われることは、事実上の解雇と言っても等しい状況です。
 合同労組八王子・根岸病院分会は今回の事態を、2010年7月以来、委託労働者が同じ根岸病院で働いてきたものとして、断じて黙って見過ごすことはできません。さらに、残された病棟清掃の仕事は、いまいる根岸の労働者が再び行えということが経営から提案されました。まさに委託労働者からは職場を奪い、ギリギリの人員で働かされている根岸の労働者には労働強化が強制されるという、断じて許しがたい攻撃です。大合理化攻撃であり、労働強化であり、人件費削減であり、安全破壊であり、団結破壊の攻撃です。労働組合は15春闘の課題として、2月4日には団交要求書を提出しました。(裏面参照)

経営は団交拒否を止めろ!


 しかし面談した斉藤事務長は団交要求書の受け取りを拒否し、根岸病院分会を労働組合として認めない、団交はしないと、病院の方針だと明言しました。労働者の団結権を奪う不当労働行為そのものです。合同労組八王子は、この暴挙を徹底的に抗議します。経営には団交要求書、抗議文、組合員通告を郵送しました。経営は団交を開け!(2015・2・12)

ビラへのリンク

2015年1月1日木曜日

あけましておめでとうございます




あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

2014年10月18日土曜日

合同労働組合八王子 根岸病院分会 結成宣言

https://drive.google.com/file/d/0B4d9Rtjp0SVBa2RqWmM1bkRDUVU/view?usp=sharing 

合同労働組合八王子 根岸病院分会
結成宣言

 2014年10月18日

職場を動かしているのは労働者

 根岸病院で働く正規・非正規すべての労働者の仲間に訴えます。本日、私たちの働く根岸病院に、労働者が生きていくための団結と権利を拡大していくために、根岸病院資本と闘う新たな労働組合を立ち上げることを宣言します。
 私たちが生きている社会は日々の労働者の労働と協力によって成り立っています。根岸病院も精神科病院として365日24時間の一人一人の労働によって動いています。労働は社会をまわしていく原動力であり、労働者は社会と生産をつかさどる誇りある存在です。資本家は、自らが資本を独占しているがゆえに、資本家は労働者を無力な存在として描こうとし、常に分断と団結破壊をおこなう存在です。労働者は無力な存在ではありません。労働者が生き抜くため、誇りを取り戻すために、労働者は闘い世界中で労働組合を結成してきました。「職場に労働組合を作り闘えば勝てる!」この本来の労働組合の原点と団結を取り戻し、根岸病院に新たな労働組合として合同労組八王子・根岸病院分会を立ち上げました。

一から労働組合をつくりあげるために

 この決断は根岸病院に一から労働組合をつくりあげていく挑戦であり、労働者の団結した力を取り戻すものです。労働者の仲間に合同労組八王子・根岸病院分会への参加を心から呼びかけます。職場を変えるために、共に闘おう!

正規と非正規の団結をつくりだすために、非正規職撤廃!


 根岸病院で働く労働者にとって職場環境は賃金・雇用・労働条件をはじめ、ますます劣悪な状況にあります。そのなかで労働者は自らが生き抜くため家族を支えるために根岸病院で働き続けています。病院は自らの利益を得るために、賃金制度の大改悪-初任給、最大で月額6万円弱の大幅切り下げ(99年3月強行)、派遣労働者の導入と何回も繰り返されてきた派遣切り-雇い止め解雇など、労働者の生活と団結を破壊してきました。どれほど多くの労働者が職場から追い出され、去っていったのか、悔しい限りです。労働組合は職場にこだわりすべての労働者の利害に立ってこそ、労働者の希望となり結集軸となります。

闘わない労働組合を乗り越えて前進する

 今まで根岸病院で闘ってきた医労連・根岸病院労働組合はその本来の労働組合の闘う求心力を急速に失いました。労働者の団結を作り出すために病院と闘うことが出来ずになった結果です。2010年に、初任給切り下げに抗してストライキを訴え、非正規労働者を組合に組織することを訴えた労働者を、根岸病院労組執行部は除名処分にする暴挙を強行しました。断じて許せません!
 新たな労働組合の結成は、荒波に小舟で乗り出すものです。労働者は闘いを求めている。労働者の力を信じて合同労組八王子・根岸病院分会は前進します。

根岸病院分会に結集を呼びかけます

 2014年、時代は激動の時代に入りました。戦争が吹き荒れ、民営化-「命よりも金」・労働者の総非正規職化に対して、世界と日本で労働者は生きるため、我慢のならない怒りが噴出しています。時代は暗黒の時代などではなく、労働者が再び団結と誇りを回復していく過程が開始されました。
 いかなる時代においても労働者が社会と生産をまわしてきたのです。であるならば、労働者が社会の主人公となるために、その原動力として職場に闘う労働組合を作ろう!合同労組八王子・根岸病院分会に労働者の結集を訴えます。

宣言文へのリンク